中国辺境歴史の旅  5

陳舜臣 編集・解説

ロシアの南下政策に対抗して、英国は新疆全域の踏査を必要とした。本書は、1927〜31年にかけて、その任務に当った著者の紀行であるが、苦しい踏査行の中で、著者の眼は現地住民の生活に詳細に注がれ、特に高地遊牧民の雄渾な生活ぶりに、心から感嘆している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 はじめの旅 1927〜1929年(カシュガルからウチ・トルファンへ
  • クチャとコルラ
  • 外モンゴルへ-マナス
  • 天山を越えて)
  • 第2部 2度目の旅 1930〜1931年(ホータン川を下って
  • ニヤとロプへ
  • ユルドス地方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国辺境歴史の旅
著作者等 Schomberg, Reginald C. F.
陳 舜臣
雁部 貞夫
ショーンバーグ R.
書名ヨミ チュウゴク ヘンキョウ レキシ ノ タビ
書名別名 中央アジア騎馬行

Chugoku henkyo rekishi no tabi
巻冊次 5
出版元 白水社
刊行年月 1986.11
ページ数 260p
大きさ 20cm
ISBN 4560031207
NCID BN00686552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中央アジア騎馬行 R.ショーンバーグ, 雁部貞夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想