大気科学入門

Richard M.グディー, James C.G.ウォーカー 著 ; 安田敏明, 根本順吉 訳

今後の勉強のための参考書: p154~156

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 3
  • 第1章 太陽と惑星 / 1
  • 大気の成分 / 2
  • 測高公式 / 4
  • 大気の質量 / 12
  • 惑星の物理的データ / 14
  • 太陽 / 18
  • 第2章 太陽放射と化学変化 / 23
  • チャプマン断面 / 25
  • 分子状酸素の光解離 / 28
  • 拡散の影響 / 33
  • 光電離と惑星の電離圏 / 36
  • オゾン / 42
  • 第3章 大気の温度 / 46
  • 惑星の実効温度 / 48
  • 表面温度 / 51
  • 温室効果 / 52
  • 放射伝達 / 55
  • 金星での温室効果 / 59
  • 地球上の温室効果 / 60
  • 対流による熱の輸送 / 63
  • 火星の対流圏 / 67
  • 熱圏の温度 / 70
  • 第4章 全球規模の風系 / 73
  • 動いている大気 / 73
  • 地球大気の大循環 / 74
  • 天気と空気の乱れ / 80
  • 圧力 / 83
  • 直接熱循環 / 85
  • 金星大気中の循環 / 89
  • 赤道ハドレイセル / 91
  • コリオリの力 / 96
  • バランス風 / 100
  • 火星大気の循環 / 102
  • プラネタリ波 / 104
  • ここまでの議論を振返ってみて / 109
  • 第5章 凝結と雲 / 111
  • 雲と放射収支 / 111
  • 飽和水蒸気圧 / 113
  • 相対湿度・過飽和・過冷却 / 114
  • 湿潤空気の上昇 / 115
  • 他の惑星における凝結 / 118
  • 凝結核 / 122
  • 雲粒の成長 / 123
  • 暖かい雲から降る雨 / 128
  • 氷晶雲から降る雪と雹と雨 / 130
  • 第6章 大気の進化 / 132
  • 二酸化炭素のサイクル / 132
  • 金星の二酸化炭素 / 136
  • 暴走温室効果 / 138
  • 大気中のガスの宇宙空間への飛散 / 141
  • 地球上の生命と大気中の酸素 / 147
  • 補遺 / 150
  • 成層圏界面の温度 / 150
  • 断熱減率 / 151
  • 今後の勉強のための参考書 / 154
  • 訳者あとがき / 157
  • 索引 / 1~4

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大気科学入門
著作者等 Goody, Richard M
Walker, James C. G.
Walker, James Callan Gray
安田 敏明
根本 順吉
James C.G.ウォーカー
Richard M.グディー
書名ヨミ タイキ カガク ニュウモン
シリーズ名 地球科学入門シリーズ ; 10
出版元 共立
刊行年月 1978.10
ページ数 158, 4p
大きさ 22cm
NCID BN00686086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78032503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想