第三世代の学問 : 「地球学」の提唱

竹内均, 上山春平 著

[目次]

  • 「地球学」の出発 / 3
  • アブダクション(仮説法)が全体像を作る / 4
  • 今西グループが一つの例をつくっている / 11
  • 生物と環境とは作り作られる関係にある / 18
  • 全体像を求めていくと起源論が出てくる / 23
  • 第一と第二を通って第三世代の学になる / 31
  • 作る立場と作られる立場を結びあわせる / 37
  • いまや「地球学」が出発しはじめている / 44
  • アマチュアとの切れ目のない学問が要る / 49
  • 地球科学の地球像 / 57
  • 大陸は年輪のように成長をつづけてきた / 58
  • 星の内部で水素から全元素がつくられた / 62
  • 生命は深さ十メートルの水底で始まった / 65
  • 酸素量が増えると生物は陸上に進出した / 72
  • われらの肉体も源は太陽系星雲であった / 76
  • 太平洋岸地震が大陸移動説に結びついた / 81
  • インドが北上しアジア大陸にぶつかった / 89
  • 地球についてはほぼデータが蓄積された / 98
  • 人間活動が元素の自然循環を乱しだした / 102
  • 「地球学」が「人間学」への接近を始めた / 107
  • 地球と人間の総合 / 113
  • 色も匂いもある世界への愛が必要だろう / 114
  • 分類学は第三世代的に蘇生するであろう / 122
  • 氷河時代がほどのよい時間尺度となろう / 128
  • 歴史の底に植生分布を見るべきであろう / 135
  • アマチュアの数多くの目が大事であろう / 146
  • 「地球学」への読書案内 / 149
  • 対談の後に-アブダクションをめぐる往復書簡 / 157
  • あとがき / 182

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 第三世代の学問 : 「地球学」の提唱
著作者等 上山 春平
竹内 均
書名ヨミ ダイサン セダイ ノ ガクモン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1977.8
ページ数 183p
大きさ 18cm
NCID BN00681901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77019415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想