民族と国際関係の理論

エドヴァルド・カルデリ 著 ; 高屋定国, 定形衛 訳

革命家、政治家、理論家としてのカルデリの諸論考-多民族国家としてのユーゴスラヴィアの歴史的課題を提示する本書は、民族解放闘争、社会主義革命、スターリンとの対決を通して達成されたユーゴスラヴィアの「自主管理」社会主義を内外から支える連邦制度と非同盟外交に関するカルデリの卓越した理論的考察を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ユーゴスラヴィアの民族問題と社会主義革命
  • 第2章 民族と国際関係(1.民族関係における文化的・経済的諸問題
  • 2.民族関係における憲法体系とその実践
  • 3.民族意識と民族主義
  • 4.国際関係における社会主義的・民主主義的政策の出発点
  • 5.ヨーロッパ国際関係の諸様相
  • 6.民族問題と非同盟政策)
  • 第3章 社会主義と戦争(1.社会主義への道の自由な選択
  • 2.戦争の不可避性
  • 3.平和共存
  • 4.戦争と革命
  • 5.現代社会主義の重大なジレンマ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族と国際関係の理論
著作者等 Kardelj, Edvard
定形 衛
高屋 定国
カルデリ エドヴァルド
書名ヨミ ミンゾク ト コクサイ カンケイ ノ リロン
書名別名 The nation and international relations
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1986.5
ページ数 234p
大きさ 21cm
ISBN 4623016781
NCID BN00680079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86040978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想