漢字 : 生い立ちとその背景

白川静 著

日本語の表記にとって漢字は不可欠の文字である。にもかかわらず、文字としての漢字がどのようにして生まれ、本来どのような意味を持つものであったかを知る人は少ない。中国古代人の生活や文化を背景に、甲骨文や金文、および漢字が形づくられるまでの過程をたずね、文字の生い立ちとその意味を興味深く述べる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 象形文字の論理
  • 2 神話と呪術
  • 3 神聖王朝の構造
  • 4 秩序の原理
  • 5 社会と生活
  • 6 人の一生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字 : 生い立ちとその背景
著作者等 白川 静
書名ヨミ カンジ
書名別名 Kanji
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1970
ページ数 194p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4004120950
NCID BN00674597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75027222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想