重力と地球の構造

エヌ・グルシンスキー, ア・グルシンスキー 著 ; 竹内均, 木下肇 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき
  • はじめに
  • 第一章 万有引力 / 4
  • ニュートンの法則 / 4
  • ケプラーの法則-惑星の運動 / 8
  • 天体の運動を説明するニュートンの法則 / 11
  • 引力の法則の一般化と検証 / 13
  • 重力定数 / 18
  • 重力波、重力子-引力の源 / 19
  • 重力とアインシュタインの理論 / 23
  • シュワルツシルド、アインシュタイン、フリードマンの宇宙モデル / 28
  • 第二章 引力と重力 / 33
  • 地球表面における重力変動 / 36
  • 高度差による重力変化 / 38
  • 地球内部における引力の変化 / 39
  • 海面下(水中)での重力 / 42
  • 重力の時間変化-潮汐 / 43
  • 重力の永年変化について / 50
  • 第三章 重力測定の方法 / 53
  • 自由落下 / 53
  • 振子式重力測定器 / 56
  • 重力計 / 60
  • 海上での重力測定は可能だろうか / 62
  • 航空測量 / 67
  • 重力場の勾配とは / 68
  • 第四章 地球の形状 / 71
  • 概要 / 71
  • 楕円体?卵形?最初の計測と地球の形 / 73
  • 重力ポテンシャルと水準面 / 76
  • クレローの定理 / 79
  • ジオイド。地球の形状の第三次近似法 / 81
  • 高度。高さとは何か / 83
  • ダイナミック高度(力学高度) / 89
  • 高度の異常。準ジオイド面 / 92
  • 正常重力場と重力の異常 / 92
  • 世界の重力分布図 / 96
  • ジオイドの形とは? / 100
  • 人工衛星。地球の重力場と地球の形 / 104
  • 第五章 月および惑星の重力場 / 110
  • この研究の見通し / 110
  • 月表面の姿と基本的な重力場 / 113
  • 火星その他の惑星の重力場について / 121
  • 第六章 地球の内部構造 / 126
  • 地球潮汐によって地球の内部構造がどこまでわかるか / 126
  • 地殻の構造 / 131
  • 地球膨張説 / 135
  • アイソスタシーの仮説 / 141
  • 大陸の構造と成長 / 144
  • 第七章 重力探査法 / 149
  • 地球物理-それは地質学のともしび / 149
  • 密度の非一様分布-重力異常の原因 / 151
  • 重力測定による構造地質学的分類 / 154
  • 石油およびガスの重力探査 / 158
  • 鉱物その他の有用埋蔵物質の重力探査 / 161
  • 海上における重力探査 / 165
  • 近い将来における重力計測進展の道 / 167
  • 直接的重力探査法 / 172
  • 将来への見通し / 174
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 重力と地球の構造
著作者等 Grushinskii, Andrei Nikolaevich
Grushinskii, Nikolai Panteleimonovich
Grushinskiĭ, N. P.
木下 肇
竹内 均
ア・グルシンスキー
エヌ・グルシンスキー
書名ヨミ ジュウリョク ト チキュウ ノ コウゾウ
出版元 東京図書
刊行年月 1974
ページ数 180p
大きさ 19cm
NCID BN0067362X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69003525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想