マインドウオッチング : 人間行動学

ハンス・アイゼンク, マイケル・アイゼンク 著 ; 田村浩 訳

心理学者は、人間行動の研究から何を学ぼうとしているのか?究極的な目的は、人びとの行動がなぜそんなふうになるのか、理由を理解することにある。人間の行動に真の光をあてるのに、常識はあまり役に立たない。心理学実験による諸発見は、直観に反するもの、つまりびっくりするような、まったく予期しないもののことが多い。本書では、心理学の歴史上もっとも重要な諸実験をとりあげる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • A 警告的な物語(よきサマリア人はどこへ
  • なぜ殺人罪をまぬがれる人がいるのか
  • 服従の危険
  • スタンフォード大学の拘置所実験
  • 狂人を誰が見分けるか)
  • B 動物から何を学べるか(条件づけの優しい仕方
  • 人の子として育ったチンパンジー
  • 必要なのは愛だけ)
  • C 脳、行動、そして生物学(脳波の存在
  • パーソナリティは遺伝的に継げるか
  • 脳手術、もっとも無情な切断か
  • 情動はどこから来るのか)
  • D 日常生活の合理的しくみ(見たことを記憶できるか
  • 同時に二つのことをする
  • 人間はなぜ忘れるのか
  • プライヴァシーと親密
  • 自己正当化)
  • E 心理学の利用(子供をどう育ててはいけないか
  • 教育の可能性
  • バイオフィードバック
  • 犯罪者は治療できるか
  • パーソナリティと政治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マインドウオッチング : 人間行動学
著作者等 Eysenck, H. J.
Eysenck, Hans Jurgen
Eysenck, Michael W
Eysenck, Michael W.
田村 浩
アイゼンク マイケル
アイゼンク ハンス
書名ヨミ マインド ウオッチング
書名別名 Mindwatching
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1986.12
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 4106003198
NCID BN00673153
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87013402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想