量子論

小出昭一郎 著

今日、化学、生物学、電子工学など広い分野の基礎ともなっている量子論の筋道を正しく把握しておきたいと考えるのは、物理学の専門家でなくても当然であろう。そこで、あまり専門的でなく"お話し"だけの啓蒙書でもない量子論の手ごろな自習書の必要性はますます高くなっていると思われる。本書は初版が出て以来多数の読者に親しまれて来たが、今回、旧版のくわしすぎると思われる箇所を簡単化し、若干新しいことも加えて現代化をはかったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 量子力学の誕生
  • シュレーディンガーの波動方程式
  • 定常状態の波動関数
  • 固有値と期待値
  • 原子・分子と固体
  • 電子と光

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 1. 量子力学が生まれるまで
  • 1.1 Planckの量子仮説 / p1
  • 1.2 Einsteinの光量子説 / p5
  • 1.3 前期量子論 / p7
  • 1.4 物質波 / p11
  • 2. Schrödingerの波動方程式
  • 2.1 量子論の考え方 / p13
  • 2.2 Heisenbergの不確定性原理 / p17
  • 2.3 波動関数の意味 / p21
  • 2.4 Schrödinger方程式 / p26
  • 2.5 Ehrenfestの定理 / p32
  • 2.6 弦の振動 / p36
  • 2.7 Schrödingerの定常波 / p41
  • 3. 定常状態の波動関数
  • 3.1 箱の中の自由粒子(I) / p46
  • 3.2 箱の中の自由粒子(II) / p51
  • 3.3 調和振動子 / p55
  • 3.4 水素原子 / p59
  • 4. 波動関数の諸性質
  • 4.1 Fourier級数 / p66
  • 4.2 Fourier積分 / p71
  • 4.3 物理量の固有値 / p74
  • 4.4 物理量の期待値 / p79
  • 4.5 運動量の固有関数と不確定性原理 / p83
  • 4.6 波束と群速度 / p86
  • 4.7 波東の崩壊 / p89
  • 5. 多粒子系と原子構造
  • 5.1 正常Zeeman効果 / p93
  • 5.2 スピンの存在 / p97
  • 5.3 多粒子系のSchrödinger方程式 / p101
  • 5.4 相互作用がない場合の波動関数 / p104
  • 5.5 Hartree近似 / p106
  • 5.6 原子構造と元素の周期律 / p111
  • 5.7 Slater行列式 / p117
  • 6. 光の吸収と放出
  • 6.1 振動電場による遷移 / p122
  • 6.2 遷移確率 / p127
  • 6.3 誘発放出と自発放出 / p129
  • 6.4 電気的双極遷移とその選択規則 / p131
  • 6.5 その他の遷移 / p136
  • 7. 物質の構造
  • 7.1 水素分子 / p139
  • 7.2 固体と自由電子模型 / p144
  • 7.3 エネルギーバンド / p148
  • 7.4 量子力学と物性論 / p154
  • 7.5 原子核 / p156
  • 8. フォノンとフォトン-場の量子論
  • 8.1 連成振動の古典論 / p160
  • 8.2 フォノン / p164
  • 8.3 真空中の電磁場 / p167
  • 8.4 光子 / p172
  • 8.5 場の量子論 / p176
  • 付録 トンネル効果 / p180
  • 索引 / p185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 量子論
著作者等 小出 昭一郎
書名ヨミ リョウシロン
シリーズ名 基礎物理学選書 ; 2
出版元 裳華房
刊行年月 1968
版表示 改訂版
ページ数 192p
大きさ 22cm
ISBN 4785321318
NCID BN00668470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想