古環境学入門

L.F.ラポート 著 ; 桑野幸夫 訳

[目次]

  • 目次
  • 第1章 地質環境
  • 1.1 生態学と古生態学 / 3
  • 1.2 古生態学と地球科学 / 4
  • 1.3 環境の分類 / 5
  • A. 海水環境 / 5
  • B. 陸上環境 / 7
  • 1.4 この本の構成 / 8
  • 第2章 堆積物と環境
  • 2.1 堆積物の粒子の起源 / 9
  • 2.2 堆積物の運搬と堆積 / 11
  • 2.3 一次構造 / 16
  • A. 斜交葉理 / 16
  • B. 漣痕 / 16
  • C. 乾裂 / 18
  • D. 底面流痕 / 18
  • E. 級化葉理 / 18
  • 2.4 続成作用 / 19
  • 2.5 堆積物に対する生物の影響 / 20
  • A. 堆積物に対する生物の作用 / 21
  • B. 生物による堆積物の変化 / 22
  • C. 堆積物に対する生物の影響の意義 / 27
  • 2.6 堆積岩と層序 / 31
  • 2.7 まとめ / 36
  • 第3章 生物と環境
  • 3.1 生物の適応反応 / 39
  • 3.2 機能形態 / 43
  • 3.3 いくつかの重要な環境因子-物理学的因子と化学的因子- / 47
  • A. 温度 / 48
  • B. 酸素と二酸化炭素 / 50
  • C. 光 / 52
  • D. 塩分 / 53
  • E. 水の渦動 / 55
  • F. 底質 / 57
  • 3.4 いくつかの重要な環境因子-生物学的因子- / 62
  • 3.5 生物群集 / 68
  • 3.6 生物地理 / 73
  • 第4章 環境を示す地球化学的な証拠
  • 4.1 石灰質骨格から得られる地球化学的な証拠 / 78
  • 4.2 同位体から得られる証拠 / 80
  • 4.3 微量元素・有機物と環境 / 83
  • 第5章 環境解析
  • 5.1 斉一説 / 87
  • 5.2 多面的なアプローチの必要性 / 89
  • 5.3 論理の還元をめぐる問題 / 90
  • 5.4 環境の指標の価値 / 91
  • 5.5 層相の研究法-水平方向の研究と垂直方向の研究- / 92
  • 5.6 化石の記録に固有なかたより / 95
  • 5.7 環境の復原 / 96
  • 第6章 古環境と地史学
  • 6.1 洪積世および現世の大西洋北部 / 103
  • A. 相対編年 / 106
  • B. 絶対編年 / 113
  • 6.2 白亜紀の西部内陸部 / 116
  • 6.3 オルドビス紀の北米東部 / 128
  • 6.4 まとめ / 139
  • 参考文献 / 141
  • 日本語による参考文献 / 143
  • 索引 / 1~9

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古環境学入門
著作者等 Laporte, Léo F
桑野 幸夫
L.F.ラポート
Laporte Léo F
書名ヨミ コ カンキョウガク ニュウモン
シリーズ名 地球科学入門シリーズ ; 6
出版元 共立
刊行年月 1971
ページ数 142, 9p
大きさ 22cm
NCID BN00663240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69003438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想