地震 : 発生・災害・予知

浅田敏 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 第一章 関東地震 / 1
  • そのドキュメント / 1
  • 関東「地震」と関東「大震災」 / 3
  • 都市の震災 / 6
  • 関東地震を起こした断層 / 9
  • 東京を襲う二種類の大地震 / 12
  • 地震に周期性はあるか / 14
  • 「つぎ」の関東地震 / 15
  • 第二章 日本の大地震 / 18
  • この一〇〇年間に起こった大地震 / 18
  • 地域による分類 / 19
  • 大地震の繰返し / 25
  • 中位の地震の繰返し / 26
  • 地震の所番地 / 27
  • 第三章 震度と災害 / 30
  • 震度 / 30
  • 大地震がきたら / 36
  • 「非常なる地震」の判断 / 38
  • 建物の被害と地盤 / 40
  • 津波 / 46
  • 地崩れ・山津波 / 48
  • 地割れ / 49
  • 火災 / 51
  • 第四章 地震のマグニチュード / 53
  • 地震の大きさを決める / 53
  • マグニチュード / 55
  • マグニチュードの他の二、三の求め方 / 58
  • マグニチュードとエネルギー / 61
  • マグニチュード七の地震と七・五の地震 / 63
  • 最大の地震と最小の地震 / 65
  • 地震の効率 / 68
  • 第五章 前震と余震 / 70
  • 地震群の分類 / 70
  • 前震 / 72
  • 余震 / 74
  • 前震・主震・余震についての実験 / 78
  • 第六章 地震はどこで起こっているか / 80
  • 地震の震源をどう決めるか / 80
  • 震源を決めるむずかしさ / 81
  • 震源を決める精度 / 83
  • 地震の「帯」から「線」へ / 85
  • 地震の起こる場所とその地形 / 89
  • 海溝部で地下にもぐる震源面 / 90
  • 深い地震・浅い地震 / 92
  • 深い地震を調べる / 95
  • 「巨大」地震群 / 97
  • 地震の起こらない場所 / 100
  • 人間がひき起こした地震 / 102
  • 第七章 地震の起こる数と起こり方 / 105
  • 地震の大きさと起こる数 / 105
  • 地震の上限 / 107
  • 地震の下限 / 109
  • 微小地震観測の役割と成果 / 112
  • 松代地震の微小地震観測 / 114
  • 微小地震観測の問題点 / 117
  • 地震は繰り返す / 119
  • 余震の終息からつぎの大地震 / 121
  • 第八章 地震観測-その進歩 / 125
  • 科学的要請と社会的要請 / 125
  • はじめての科学的地震計測 / 126
  • 機械式地震計の発達 / 128
  • 地震計の原理と種類 / 130
  • 電磁式地震計へ / 132
  • 気象庁も電磁式地震計化へ / 136
  • 微小地震観測の開化 / 138
  • 超高感度地震計への歩み / 140
  • 記録部はドラムからテープレコーダーへ / 142
  • 観測哲学をかえた移動観測 / 144
  • 移動臨時観測も海の時代に / 146
  • 日本の常時地震観測網 / 148
  • 群列地震観測所 / 151
  • 第九章 地質時代の地震 / 154
  • 地震と断層 / 154
  • 断層は地震の原因か結果か / 156
  • 発震機構論と断層の理論 / 158
  • 地震とはつまり断層である / 160
  • 断層面の固着 / 161
  • 断層地形 / 163
  • 大地震の痕 / 165
  • 日本の活断層 / 166
  • 変位の累積の速さ / 168
  • 大地震の繰返し / 170
  • 心配な断層 / 172
  • 地震のたね / 174
  • 第一〇章 サンアンドレアス断層 / 176
  • カリフォルニアの断層 / 176
  • サンアンドレアス断層 / 178
  • 一八五七年の地震 / 179
  • 一九〇六年の地震 / 181
  • 弾性反発説と地震の発生 / 184
  • ゆっくりとうごく断層 / 190
  • サンアンドレアス断層はどのくらいうごいたか / 192
  • 第一一章 海洋底拡大と地震 / 196
  • 海底地形 / 196
  • 海洋底拡大説 / 197
  • プレートテクトニックス / 201
  • トランスフォーム断層 / 202
  • 地震はなぜ起こるかということの説明 / 204
  • アラスカ・アリューシャン・千島の地震 / 206
  • プレートテクトニックス主義者 / 209
  • プレートは実在するのか / 211
  • 何を計測すべきか / 212
  • 海底地震観測の必要 / 214
  • 第一二章 地震予知は可能か / 216
  • 大地震はかならず起こる / 216
  • いろいろな種類の地震 / 218
  • サイスミシティのすき間 / 220
  • 大地震発生の前兆 / 222
  • 三角測量 / 225
  • 前震の話 / 226
  • 地電流と地磁気のこと / 228
  • ジオディメーター / 230
  • 作戦研究 / 232
  • 日本における予知の研究組織 / 234
  • あとがき / 237

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地震 : 発生・災害・予知
著作者等 浅田 敏
書名ヨミ ジシン
書名別名 Jishin
シリーズ名 UP選書
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1972
版表示 第2版
ページ数 242p
大きさ 19cm
ISBN 4130060090
NCID BN00660912
BN00949800
BN08788512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69002764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想