海洋学講座  7

服部明彦編

[目次]

  • 第7巻
  • 目次
  • 0章 展望 (服部明彦) / 1
  • 0・1 海洋生化学とは / 1
  • 0・2 生物および生化学反応の特性 / 1
  • 0・3 これからの海洋生化学の研究 / 4
  • 1章 生命の起源 (野田春彦) / 7
  • 1・1 宇宙の有機物と原始大気の組成 / 8
  • 1・2 生物に利用される有機化合物の無生物的合成 / 13
  • 1・3 生体高分子の形成 / 18
  • 1・4 水と生命 / 20
  • 1・5 微化石 / 21
  • 1・6 物質と生命 / 22
  • 1・7 生命の起源に関する諸説 / 24
  • 2章 生物の進化 (柳沢冨雄) / 31
  • 2・1 自然分類と生物の進化 / 31
  • 2・2 生物が共通の祖先から生じた証拠 / 32
  • 2・3 進化の過程 / 35
  • 2・4 進化と核酸 / 50
  • 3章 生命活動の場としての海洋 / 55
  • 3・1 栄養塩 (杉浦吉雄) / 55
  • 3・2 有機物 (半田暢彦) / 65
  • 3・3 生物量 (関文威) / 79
  • 4章 物質代謝およびエネルギー代謝 / 95
  • 4・1 光合成系の機構 (藤田善彦) / 95
  • 4・2 窒素の代謝 (大森正之) / 115
  • 4・3 硫黄の代謝 (服部明彦) / 129
  • 5章 無機化の過程 / 141
  • 5・1 海洋における溶存態有機炭素の代謝 (小倉紀雄) / 141
  • 5・2 エネルギー代謝からみた分解過程 (和田英太郎) / 149
  • 5・3 海水成分による生物活動の定量化 (角皆静男) / 159
  • 6章 海洋における微量元素の生化学 (都留信也) / 175
  • 6・1 微量元素の分布過程 / 175
  • 6・2 微量元素の堆積機構 / 178
  • 6・3 生物圏-水圏の微量元素の役割 / 181
  • 7章 深海生態系の生化学(関 文威) / 187
  • 7・1 深海の圧力と生化学 / 187
  • 7・2 深海の低温と生化学 / 190
  • 7・3 深海生態系におけるエネルギー利用 / 192

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海洋学講座
著作者等 服部 明彦
書名ヨミ カイヨウガク コウザ
書名別名 海洋生化学
巻冊次 7
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1973
ページ数 211p
大きさ 27cm
NCID BN00660559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69017083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
海洋生化学 服部明彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想