伝統と文学

篠田一士 著

ヨーロッパ近代文学、明治以前の文学、日本近代文学、これら三つの文学伝統の、たがいに相手を意識したうえでの反撥と調和の先に、新しい文学の動向をさぐる。鴎外、藤村、白鳥、緑雨、横光、露伴、宣長らの深い読解を通して展開される、『日本の近代小説』『日本の現代小説』の総序ともいうべき文芸批評の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学の変容のために
  • 2 伝統と前衛の狭間にて
  • 3 「文学」以前
  • 4 横光利一のために
  • 5 テエベスの大門から
  • 6 幸田露伴の空間
  • 7 『夜明け前』
  • 8「日本への回帰」
  • 9 パリから松阪へ
  • 10 未来形の古典

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝統と文学
著作者等 篠田 一士
書名ヨミ デントウ ト ブンガク
シリーズ名 筑摩叢書 306
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.12
版表示 新装版
ページ数 267, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4480013067
NCID BN00658830
BN07277981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87014029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想