日本の社会史  第4巻 (負担と贈与)

朝尾直弘 ほか編

人びとの多様な結びつき、意識や生活感覚を重視して、日本史における社会と国家のありようを、いま新しい視角と方法によってとらえなおす、意欲的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 仕奉と貢納
  • 2 年貢・公事と有徳銭
  • 3 古代・中世の出挙
  • 4 取立てとお救い-年貢・諸役と夫食・種貸
  • 5 中世の安堵
  • 6 売買・質入れと所有観念
  • 7 饗応と賄
  • 8 初期中世武士の職能と諸役
  • 9 近世の軍役と百姓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の社会史
著作者等 久留島 浩
勝俣 鎮夫
吉村 武彦
小田 雄三
山口 啓二
峰岸 純夫
戸田 芳実
朝尾 直弘
深谷 克己
笠松 宏至
筧 雅博
吉田 孝
網野 善彦
書名ヨミ ニホン ノ シャカイシ
書名別名 負担と贈与

Nihon no shakaishi
巻冊次 第4巻 (負担と贈与)
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.11
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4000040243
NCID BN00655956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想