新しい地球観

上田誠也 著

[目次]

  • 目次
  • 序章 / 1
  • 進歩は速いが問題は永遠 / 1
  • 地球科学に特有なこと / 3
  • 地球科学のだいご味 / 4
  • 洞察力 / 5
  • 本書の構成 / 6
  • I 大陸移動説の誕生・死・復活 / 9
  • ウェゲナーの考え / 9
  • 地質学の方法 / 13
  • 陸橋 / 16
  • 地殻とは / 18
  • 直接のつながり / 21
  • 収縮説と大陸移動説 / 23
  • なにが大陸を動かしたのか-地球物理学に対しての挑戦 / 27
  • 移動説の死 / 28
  • 地球の構造 / 29
  • 地磁気 / 30
  • 地磁気の歴史、古地磁気学 / 33
  • 地磁気の逆転か、岩石磁気の反転か / 36
  • 極が動き、そして大陸も動いた / 37
  • ホームズのマントル対流論 / 44
  • パズル合せの現代版 / 46
  • II 海底を探る / 49
  • 新しいフロンティア、海底の科学 / 49
  • 海底地学を進めるには / 50
  • ラモントとスクリプスとわれわれと / 51
  • 船と技術とそして意欲と / 53
  • 海というもの-(一)平均的な海 / 58
  • 海というもの-(二)中央海嶺 / 61
  • 海嶺は熱のはけ口 / 63
  • インド洋の国際協同観測 / 64
  • 海というもの-(三)海溝 / 67
  • 謎を秘めた海底の地磁気 / 68
  • III 海洋底拡大説、一つの綜合 / 73
  • ジオ・ポエトリー / 73
  • 栄光は彼らに / 75
  • 海底が動くのだ / 77
  • 地磁気縞模様の謎とき / 79
  • テープレコーダー・モデルの確立 / 81
  • トランスフォーム断層-一つの独創的着想 / 87
  • トランスフォーム断層の検証 / 91
  • 海底の年輪-地質学への挑戦(一) / 93
  • JOIDES計画 / 99
  • 西太平洋はどうなるのか / 101
  • プレート・テクトニクス / 104
  • 北太平洋の謎と移動する海嶺 / 110
  • 北米大陸にもぐってしまった海嶺 / 114
  • 地質学への挑戦(二) / 118
  • IV 弧状列島 / 123
  • 旅路の果て / 123
  • 日本列島 / 125
  • 重力異常 / 127
  • 地震は何故おこる? / 132
  • 日本列島の地下構造 / 139
  • 火山や火山岩の帯状配列-問題の鍵 / 142
  • 弧状列島下の熱的状態 / 147
  • 上部マントルの電気伝導度分布と温度分布 / 151
  • 地震波と温度分布 / 153
  • 新しい地球観とはうまくやってゆけるのか / 155
  • 弧状列島こそが造山帯ではないのか / 155
  • 変成作用と熱流量 / 158
  • 太平洋型造山作用 / 160
  • 太平洋型造山作用のモデル / 161
  • 日本海の成因-一つの考え / 165
  • V 新しい地球観 / 171
  • 新世界造構作用論、またの名はニュー・グローバル・テクトニクス / 171
  • 対流とは / 173
  • マントル対流 / 177
  • モデルと現実 / 181
  • 仮説と真理 / 184
  • 地球の熱史を例にとってみよう / 185
  • 残された難問 / 189
  • あとがき / 197

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しい地球観
著作者等 上田 誠也
書名ヨミ アタラシイ チキュウカン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1971
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 4004160162
NCID BN00654997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69005167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想