海洋科学基礎講座  12 (堆積物の化学)

三宅泰雄編

[目次]

  • 海洋科学基礎講座12 堆積物の化学
  • 目次
  • 序文
  • 第I編 海底物質の成因と進化 島津康男・浦部達夫 / 1
  • 第1章 地球化学バランス / 3
  • 第2章 地球化学サイクル / 8
  • 第3章 化学工場としての海洋 / 13
  • 第4章 海洋が存在するための条件-比較惑星海洋学 / 25
  • 参考文献 / 30
  • 第II編 海底に存在する物質の化学 杉村行勇 / 31
  • 第1章 海底堆積物の起源と分類 / 33
  • 第2章 海底堆積物の化学的組成 / 48
  • 第3章 海底堆積物の構成要素 / 70
  • 第4章 海底堆積物の安定同位体 / 109
  • 第5章 放射性元素の分布 / 125
  • 第6章 間隙水の化学 / 158
  • 参考文献 / 166
  • 第III編 海洋物質の年代測定 阪上正信 / 167
  • 第1章 放射性核種による年代測定の原理 / 169
  • 第2章 ²³⁰Th(Io)の過剰を利用する方法 / 176
  • 第3章 ²³¹Paの過剰を利用する方法 / 189
  • 第4章 表層の²³⁰Th,²³¹Pa濃度(比放射能)による堆積速度の推定 / 197
  • 第5章 ²³⁴U/²³⁸U放射能比による方法 / 202
  • 第6章 ²³⁰Th,²³¹Paの生長を利用する方法 / 205
  • 第7章 宇宙線生成核種の利用 / 216
  • 第8章 その他の方法(⁴⁰K,¹²⁹I) / 225
  • 第9章 むすび / 228
  • 参考文献 / 230
  • 第IV編 浅海堆積物 北野康 / 241
  • 第1章 海底の概観 / 243
  • 第2章 浅海堆積物の量と化学組成 / 246
  • 第3章 河川水を通して海へ運ばれる元素のゆくえ-化学沈殿物と陸性起源堆積物の量 / 251
  • 第4章 ケイ酸塩堆積物 / 257
  • 第5章 浅海における礫,砂,粘土の分布 / 271
  • 第6章 浅海の炭酸塩堆積物の分類 / 274
  • 第7章 炭酸塩堆積物の地球化学的意味 / 279
  • 参考文献 / 331
  • 第V編 深海堆積物 金谷太郎・井上雅夫 / 337
  • 第1章 深海堆積物 / 339
  • 第2章 堆積物の分類 / 341
  • 第3章 堆積物の分布 / 348
  • 第4章 堆積物各論 / 352
  • 第5章 堆積速度 / 403
  • 第6章 深海底の層位 / 407
  • 第7章 深海底の記録と時間尺度 / 442
  • 第8章 海洋底拡大説の検証 / 487
  • 第9章 第四紀の記録 / 493
  • 引用文献 / 514
  • 第VI編 海底土の鉱物 生沼郁・須藤俊男 / 529
  • 第1章 海底土にみられる鉱物 / 531
  • 第2章 海底土に含まれる微細な鉱物 / 540
  • 第3章 粘土鉱物の大洋底での分布 / 546
  • 第4章 浅海における粘土鉱物の分布 / 553
  • 第5章 まとめ-陸成・自生の粘土鉱物 / 557
  • 参考文献 / 559
  • 索引 / 563

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海洋科学基礎講座
著作者等 三宅 泰雄
北野 康
島津 康男
杉村 行勇
浦部 達夫
生沼 郁
阪上 正信
須藤 俊男
井上 雅夫
金谷 太郎
書名ヨミ カイヨウ カガク キソ コウザ
書名別名 Kaiyo kagaku kiso koza
巻冊次 12 (堆積物の化学)
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1972
ページ数 571p
大きさ 22cm
ISBN 448600163X
NCID BN00649986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69016490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想