分析化学  1

田中善正, 大倉洋甫 編集

本書は薬学生のためのテキストを目標に、薬学教育基準の授業科目にある分析化学(薬学共通授業科目、必修)の教科書として編集した。

「BOOKデータベース」より

本書「分析化学1」は薬学生のためのテキストを目標に、薬学教育基準の授業科目にある分析化学(薬学共通授業科目、必修)の教科書として編集した。しかしながら、分析化学1および2を一体として編集し、この2冊を通じて分析化学全体を理解しうるように編集した。分析化学1にも一部機器分析が入っているが、主として定性および定量分析をまとめた基礎的な分析化学について解説を加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 酸・塩基の電離平衡
  • 第3章 錯体化学
  • 第4章 沈殿の生成と溶解
  • 第5章 酸化と還元
  • 第6章 無機イオンの定性分析
  • 第7章 有機定性分析-官能基の定性分析
  • 第8章 定量分析総論
  • 第9章 天秤と重量分析法
  • 第10章 容量分析法
  • 第11章 実際試料の分析

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 電解質溶液と電離平衡
  • 第3章 錯体化学
  • 第4章 沈殿の生成と溶解
  • 第5章 酸化と還元
  • 第6章 無機イオンの定性分析
  • 第7章 有機定性分析-官能基の定性分析
  • 第8章 定量分析総論
  • 第9章 重量分析法
  • 第10章 容量分析法
  • 第11章 実際試料の分析
  • 付 第十二改正日本薬局方医薬品の定量法一覧

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 電解質溶液と電離平衡
  • 第3章錯体化学
  • 第4章 沈殿の生成と溶解
  • 第5章 酸化と還元
  • 第6章 無機イオンの分析
  • 第7章 有機定性分析-官能基の定性分析
  • 第8章 定量分析総論
  • 第9章 重量分析法
  • 第10章 容量分析法
  • 第11章 実際試料の分析
  • 付 第11改正日本薬局方医薬品の定量法一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分析化学
著作者等 大倉 洋甫
斎藤 寛
田中 善正
斎藤 寛
書名ヨミ ブンセキ カガク
シリーズ名 Integrated essentials
巻冊次 1
出版元 南江堂
刊行年月 1982.10
版表示 改訂第2版
ページ数 314p
大きさ 26cm
ISBN 4524420061
NCID BA30712285
BN00649013
BN07414492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82052223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想