橋本進吉博士著作集  第9・10冊

橋本進吉著

[目次]

  • 目次
  • 凡例
  • 國語學史槪說
  • 序說 國語の硏究 / p3
  • 國語學史の時代わけ / p14
  • 第一篇 契沖以前の國語硏究 / p17
  • 第一章 古代日本人の言語意識 / p18
  • 第二章 漢字漢文の輸入と奈良朝までの漢語學 / p29
  • 第三章 梵語梵字の渡來 / p37
  • 第四章 あめつち、いろは及五十音圖の製作 / p43
  • 第五章 悉曇學者の國語硏究 / p50
  • 第六章 古語の硏究 / p56
  • 第七章 假名遣の硏究 / p73
  • 第八章 てにをはの硏究 / p98
  • 第九章 文字及音聲の硏究 / p114
  • 第十章 辭書の編纂 / p126
  • 近世國語學史
  • 第一章 近世の外國語學 / p139
  • 第二章 契沖の國語硏究 / p177
  • 第三章 貝原益軒と新井白石の語學說 / p199
  • 第四章 國學の興起と春滿眞淵の語學硏究 / p215
  • 第五章 眞淵門下の語學硏究 / p227
  • 第六章 富士谷成章の語學硏究 / p241
  • 第七章 宣長門下の語學硏究 / p242
  • 第八章 幕末の國學者の語學硏究 / p244
  • 第九章 國學者以外の學者の國語硏究 / p246
  • 義門と現代の國語學 / p251
  • 上世の假名遣に關する硏究序論
  • 第一章 假名遣(の硏究)と音韻(の硏究) / p267
  • 第二章 假名遣の起源 / p271
  • 第三章 定家假名遣 / p276
  • 第四章 和字正濫鈔 / p277
  • 第五章 古言衣延辨 / p306
  • 第六章 假字遣奧山路 / p314
  • 第七章 假名沿革 / p341
  • 第八章 我が硏究の目的 / p356
  • 國語特質論
  • 序論 / p363
  • 國語と國民思想の關係 / p368
  • 第一章 國語音韻の特質 / p370
  • 第二章 國語の文構造の特質 / p378
  • 第三章 各品詞の特質 / p398
  • 第四章 語構成の特質 / p416
  • 第五章 文法上の特質 / p422
  • 第六章 國語語彙の特質 / p428
  • 第七章 文字の特質 / p432
  • 第八章 國語の歷史から見た國語の特質 / p436
  • 解說(大野晋) / p441

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 橋本進吉博士著作集
著作者等 橋本 進吉
書名ヨミ ハシモト シンキチ ハクシ チョサクシュウ
書名別名 国語学史・国語特質論 : 講義集4・5

Hashimoto shinkichi hakushi chosakushu
巻冊次 第9・10冊
出版元 岩波書店
刊行年月 1983.3
ページ数 454p
大きさ 22cm
NCID BN0064533X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83029261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想