俋態論 : 新しい生活科学の提唱

持田照夫 著

建築学が薦める近代的な間取りが農村で拒否されるのは何故か。本書はその疑問を出発点とし、永年の四つ間取り研究を踏まえて打ち立てられた持田生活論・〓態論の集大成である。建築計画学のみならず民俗学・社会学・人類学の考え方も取り入れ、農村住宅の間取り・生活・儀式を研究してきた著者が、その成果に基づき、生活とは何かを根本から説き起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 基礎編 〓態論の基礎(問題の提起
  • 空間・生活・社会の考察の方法
  • 〓態論の基礎概念
  • 代謝体)
  • 第2編 展開編 生活成立と〓体(生活成立
  • 地域生活分節体
  • 生活調整のされ方
  • 〓体)
  • 第3編 計画編 生活計画と空間計画(生活計画
  • 生活計画の構造
  • 生活恕限度)
  • 第4編 適用編 日本農家の四つ間取りの研究(農村住宅の認識
  • 四つ間取り「田の字形」農家-その間取りと生活
  • A空間の更なる追究-「広間型」の追究
  • 農村住宅空間の本質
  • 導かれた結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俋態論 : 新しい生活科学の提唱
著作者等 持田 照夫
書名ヨミ ユウタイロン
出版元 学芸出版社
刊行年月 1986.12
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4761520280
NCID BN00642309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87014827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想