科学技術時代と哲学

藤本是 著

ハイデッガーの技術論をめぐって。物は見護りのなさの中に放置され、言葉は廃廃する。近代技術の支配の下で見失われているものは何か。技術の本性から現代文明の根底を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 技術の本性と問題の所在(問いの現状
  • 技術に関する一般的通念について
  • 生と形式の対立-ジンメルとマルクス
  • 目的と手段の逆転-ヤスパースとマルセル
  • 徴発としての技術の本性-ハイデッガー)
  • 2 物としての物の世界(存在の見護りの現成
  • 方域としての世界
  • 物としての物-物の本性)
  • 3 補遺-ハイデッガー技術論への道標

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学技術時代と哲学
著作者等 藤本 是
書名ヨミ カガク ギジュツ ジダイ ト テツガク
書名別名 Kagaku gijutsu jidai to tetsugaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1987.1
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4790703088
NCID BN00642036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87015833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想