家族の死

デーヴィッド・クーパー 著 ; 塚本嘉寿, 笠原嘉 共訳

著者は1931年南アフリカのケープタウンに生れた。大学を卒業後、医師としてロンドンの病院に勤務、精神病院の在り方に疑問をもち「反精神医学」の狼煙を上げる。R.D.レインの、いうならば一の弟子である。分裂病者のための実験病棟ヴィラ21を担当した。本書は分裂病者の家族研究に源をもつ。著者によれば「家族とはその社会的な義務としてわれわれの経験を曖昧なやり方で濾過し、われわれの行為から純真でゆたかな自発性を奪ってしまう組織」なのである。この「家族」は死なねばならない。その後に初めて、自己、愛、やさしさが再生されるのだ、と著者はいう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 家族の死
  • 愛の地誌
  • 革命の二つの顔
  • 教育の終り-一つの始まり
  • 君の豚肉に思いこがれよ
  • 治療の彼岸
  • 愛と狂気の革命
  • "死"と革命
  • わが最後の意志と誓約
  • 格言の贈物
  • 前・誕生日おめでとう
  • 献呈の辞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族の死
著作者等 Cooper, David Graham
塚本 嘉寿
笠原 嘉
Cooper David
クーパー デーヴィッド
書名ヨミ カゾクノ シ
出版元 みすず書房
刊行年月 1978.6
版表示 新装版
ページ数 232p
大きさ 20cm
ISBN 4622049899
NCID BA49368403
BN0063758X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78020613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想