今昔物語集と宇治拾遺物語 : 説話と文体

小峯和明 編

[目次]

  • 説話の読みかたについて(西郷信綱)
  • 今昔物語集の成立をめぐって(池上洵一)
  • 『今昔物語集』の不成立をめぐって(今成元昭)
  • 今昔物語集の標題について(宮田尚)
  • 敦煌資料と今昔物語集との異同に関する一考察1(本田義憲)
  • 大日本法華験記の今昔的屈折(上)(山根対助)
  • 説話物語集の文体(川端善明)
  • 今昔物語集の形成と文体(山口佳紀)
  • 説話文学の文体(森正人)
  • 説話モティフ集の試み(国東文麿)
  • 古代末期における価値観の変動(大隅和雄)
  • 中世的諷刺家のおもかげ(益田勝実)
  • 背後の貴種たち(三木紀人)
  • 『宇治拾遺物語』の説話配列について(小出素子)
  • 『宇治拾遺物語』における連纂の文学(西尾光一)
  • 宇治拾遺物語における仲胤憎都の位置(谷口耕一)
  • 『宇治拾遺物語』の「都」(久保田淳)
  • 「宇治大納言物語」をめぐって(小内一明)
  • 宇治拾遺物語の成立と宇治大納言物語(小峯和明)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今昔物語集と宇治拾遺物語 : 説話と文体
著作者等 小峯 和明
書名ヨミ コンジャク モノガタリシュウ ト ウジ シュウイ モノガタリ
シリーズ名 今昔物語 6
宇治拾遺物語 6
日本文学研究資料新集 6
出版元 有精堂
刊行年月 1986.7
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 4640309554
NCID BN00636907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86048196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想