南島の風土と歴史

上原兼善 ほか著

[目次]

  • 南島の風土と歴史 目次
  • 序 島に生きる / 3
  • 琉球弧 / 4
  • 海に棲む歴史 / 7
  • 台風と旱魃 / 9
  • 共同体 / 13
  • 神々と祭り / 16
  • 女性とやさしさの文化 / 19
  • 1 海上の道 / 23
  • 名も知らぬ遠き島より / 24
  • イモ・アワ文化 / 26
  • 照葉樹林の陰 / 29
  • 南島水人の世界 / 31
  • 三つの文化圏 / 34
  • 大陸への道 / 37
  • 開かれた海上の道 / 40
  • 鬼が島 / 43
  • 2 南島に甦える人々 / 47
  • 波だつ南島路 / 48
  • 不死の武者 / 50
  • 俊寛あわれ / 53
  • 南島の平家 / 56
  • 流人の島 / 59
  • 西郷蘇生す / 61
  • 3 神々の島 / 67
  • マキョと神 / 68
  • 折目節日 / 70
  • オナリ神とシャーマン / 75
  • 亀甲墓のある風景 / 78
  • 4 首里親国 / 83
  • 揺れる東アジア世界 / 84
  • 三山分立す / 88
  • 按司とグシク / 91
  • 王国統一の夢 / 96
  • 南への覇道 / 100
  • 那覇世 / 103
  • 万国の津梁 / 107
  • 百浦添 / 110
  • 5 唐・大和のはざまで / 115
  • 路次楽の行列 / 116
  • 隠されたフンドシ / 120
  • 濡れた唐物 / 123
  • 黄金の箍 / 127
  • 「下々の国」なれども / 131
  • 幻の黄色い軍艦 / 135
  • 6 島ちゃび / 139
  • 餓死 / 140
  • ミルク世界報の願い / 143
  • たぎる砂糖鍋 / 147
  • 上布哀歌 / 150
  • 二つの訴文 / 154
  • 7 海洋性文化の明暗 / 159
  • 海をはしる女 / 160
  • 染織と陶器 / 164
  • 三絃の球歌 / 167
  • 地方民衆の歌 / 170
  • 御冠船踊 / 173
  • 毛遊びと村芝居 / 176
  • 歴史の重荷を / 179
  • 8 太平洋の十字路 / 183
  • 鎖国の外 / 184
  • ウランダーとの出会い / 186
  • 「琉球秘策」 / 189
  • 日本の頸動脈 / 193
  • キ=ストーン / 198
  • 9 南島処分 / 203
  • 慶長の「処分」 / 204
  • 王国の終焉 / 208
  • 先島分割案 / 211
  • 一九五二年四月二十八日 / 216
  • 10 あらがう島々の心 / 221
  • 〝勝手世〟騒動 / 222
  • 琉球の佐倉宗五郎上京す / 226
  • 切りおとされた人さし指 / 231
  • 尋常中学校ストライキ事件 / 235
  • 南島の平民的進歩主義 / 238
  • 11 夢を求める民衆 / 247
  • 「廃藩の士族」から / 248
  • よそおいなおす芸能 / 251
  • 辻遊廓 / 254
  • 歌劇の名作と女性 / 256
  • 12 海洋の営み / 261
  • ヒシのめぐみ / 262
  • 眼のある船 / 264
  • 糸満漁夫 / 268
  • 船遣りの神事 / 271
  • 13 お国はどちら / 277
  • 入墨の女たち / 278
  • 人類館 / 282
  • 「さまよへる琉球人」 / 284
  • お国は亜熱帯 / 287
  • 苦悶する知識人 / 291
  • 方言論争 / 294
  • 14 個性よどこへゆく / 301
  • 伊波普猷の絶筆から / 302
  • 祖国と離れて / 304
  • アメリカ世からヤマト世へ / 309
  • 方言と日本語と英語と / 312
  • 風土と歴史の未来像 / 315
  • あとがき / 321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 南島の風土と歴史
著作者等 上原 兼善
仲地 哲夫
大城 立裕
書名ヨミ ナントウ ノ フウド ト レキシ
シリーズ名 風土と歴史 ; 12
出版元 山川出版社
刊行年月 1978.4
ページ数 323, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4634221209
NCID BN00635449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78011992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想