山川菊栄集  別巻 (覚書幕末の水戸藩)

田中寿美子, 山川振作 編集

著者の生家青山氏は水戸藩士で、曾祖父・祖父は『大日本史』編纂局総裁などをつとめ、徳川斉昭や藤田幽谷・東湖父子とも近しく交わった。その祖父の残した日記や手紙、親戚故老の思い出話に基づいて、流血に明けてくれる幕末水戸藩の内実、ひとびとの暮らしぶりをいきいきと描き出す。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山川菊栄集
著作者等 山川 振作
山川 菊栄
田中 寿美子
書名ヨミ ヤマカワ キクエ シュウ
書名別名 覚書幕末の水戸藩

Yamakawa kikue shu
巻冊次 別巻 (覚書幕末の水戸藩)
出版元 岩波書店
刊行年月 1982.9
ページ数 434p
大きさ 20cm
ISBN 400331624X
NCID BN00630525
BN06623555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82054287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想