演戯する都市

渡辺守章, 如月小春 著

東京生まれの二人が持ち前の「演戯感覚」で問い直す、都市文化とメディアの現在。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 演戯の記憶(メディアとしての演劇、メタファーとしての演劇
  • 原点としての歌舞伎-形式主義と内容主義
  • 嫌悪感からの転回
  • アングラへの誤解
  • 演劇を嫌う社会-幾つかのマイナスイメージ
  • アングラ原体験
  • フィクショナルな身体
  • 二つの空間
  • テクノロジーとからだ)
  • 第2章 演戯するメディア(一億総芸能人化
  • 見ることの肥大
  • 映像化の意味-劇場中継のむずかしさ
  • 密室的な体験
  • 見えざるマスの同意
  • お茶の間的公共性-同化の選別格子
  • コピー体験を異化する
  • テレビ用のキャラクター
  • テレビが世界である
  • テレビと野田秀樹
  • 自己確認の作業)
  • 第3章 演戯する都市(点と線、そしてスピード感
  • 東京の無気味さ
  • 遊ばない・遊べない
  • 「仮住まい」の感覚
  • 都市へのアプローチ-群衆・表と裏・中心と周縁
  • 「場」がない東京
  • 都市を蔽う情報の雲
  • 超消費社会のイヨネスコ的状況
  • ゴミを生産する
  • シティ情報誌の意味
  • 『キャッツ』とベジャール現象
  • 情報資本主義のなかの口コミとミニコミ
  • 商品化された「前衛」とパフォーマンス・ブーム
  • ホール建設ラッシュ
  • 芝居のやりにくさ)
  • 第4章 演戯の地歩(からだをどう捉えるか
  • 消費社会の身体
  • 演戯とテクノロジー
  • 演戯の地歩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演戯する都市
著作者等 如月 小春
渡辺 守章
書名ヨミ エンギスル トシ
書名別名 Engisuru toshi
シリーズ名 ポリフォニー・ブックス
出版元 平凡社
刊行年月 1986.11
ページ数 186p
大きさ 20cm
ISBN 4582745024
NCID BN00630412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87021458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想