計算機入力の人間学 : 打鍵入力信頼性技法

T.ギルブ, G.M.ワインバーグ 著 ; 木村泉, 米沢明憲 共訳

本書は、とかく保守化し勝ちな計算機関係者のための意識革命の書である。計算機入力をめぐる意識革命に焦点を絞り、データエントリのあの手この手を説く道筋で、じわじわと読者の意識を変革する

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 入力の設計
  • 2. 省略時の解釈
  • 3. 出現順指定
  • 4. 識別情報の入力
  • 5. 繰り返し
  • 6. 確認語
  • 7. 入力検査の適応制御
  • 8. 変動の許容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計算機入力の人間学 : 打鍵入力信頼性技法
著作者等 Gilb, Tom
Weinberg, Gerald M
Weinberg, Gerald M.
木村 泉
米沢 明憲
ワインバーグ G.M.
ギルブ T.
書名ヨミ ケイサンキ ニュウリョク ノ ニンゲンガク
書名別名 Humanized input

Keisanki nyuryoku no ningengaku
出版元 共立
刊行年月 1986.7
ページ数 306p
大きさ 21cm
ISBN 4320022556
NCID BN0062743X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86048622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想