環海異聞 : 本文と研究

大槻玄沢, 志村弘強 編 ; 杉本つとむ 他解説

『環海異聞』は日本人としてはじめて世界を一周した漂流者の見聞録である。厳密にいえばロシア人が世界一周を試みる壮途に、いわば相乗りのかたちで、止むなく一周したものである。これについやした時間は約2年ほどであるが、したがって、それ以前、ロシアに約10年ほど滞在していたわけで、『環海異聞』の多くはロシアでの見聞録になっている。したがってこれを日・魯交渉史の主要な文献と位置づける方がまず妥当する。しかし録したのは漂流民自身ではなく、蘭学者の大槻玄沢・志村弘強である。したがって厳密には見聞録ではなく、見聞の聞書きである。本書は、鎖国下の日本人の海外知識の系譜の一端として位置づけることができると思う。漂流民の見聞自体,漂流記としての価値が問われる文献でもある。さらに言語のうえからは日魯の交渉史のうえで、いかに日本人がロシア語をしるようになったか、ロシア語に接した日本人の歴史の1ページとなる。これは裏返えせば、ロシア人がいかにして日本語をしるようになったか、言語伝達、学習の相互交渉史でもある。いうまでもなく、百十余を数える挿絵は、本書の一大特色で、間接描写ではあるが、18、9世紀のロシアの風俗、生活、動植物、さらに諸外国のそれを描いた絵巻物の一種と評することもできよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 本文(翻刻)
  • 2 研究篇(『環海異聞』の成立事情と日魯交渉小史
  • 底本「内閣本」と「大槻本」との比較
  • 『環海異聞』巻之8言語第22におけるロシア語一覧
  • 『環海異聞』巻之8言語第22について-ロシア語の片仮名表記法を中心として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環海異聞 : 本文と研究
著作者等 大槻 玄沢
大槻 磐水
志村 弘強
志村 蒙菴
杉本 つとむ
岩井 憲幸
書名ヨミ カンカイ イブン
書名別名 Kankai ibun
シリーズ名 環海異聞
出版元 八坂書房
刊行年月 1986.12
ページ数 594p
大きさ 23cm
NCID BN00625977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87025799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想