日本語の面白さ : 中国人が語る<日語趣談>

劉徳有 著 ; 村山孚 訳

周恩来の補佐役で、日本に精通するジャーナリストとして知られ、いま中国政府の要職(文化部副部長)にある著者が、中国の日本語学習者のために、ことばを通して日本社会と日本人の意識変化を中国に伝えた評判の本。日本人も脱帽するほどの、卓越した日本語通ならではのこの本は、新語、流行語、外来語が、つぎつぎに生まれ氾濫している、日本語のめまぐるしい変貌ぶりと、日本人の性格や社会変化を見事に映しだす鏡になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本語と世相
  • 2 敬語はむずかしい
  • 3 日本のしゃれと中国のしゃれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語の面白さ : 中国人が語る<日語趣談>
著作者等 劉 徳有
村山 孚
書名ヨミ ニホンゴ ノ オモシロサ
書名別名 Nihongo no omoshirosa
出版元 サイマル出版会
刊行年月 1986.8
ページ数 296p
大きさ 19cm
ISBN 4377407139
NCID BN00615350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想