日本の労使関係

中条毅 編著

本書はアメリカ流に経済学の他に産業社会学・法学等のサイドからインターディシプリナリーなアプローチを試みたため、終わりに座談会を付して「まとめ」に努めました。専門書としてよりも、労使関係の基本問題を実態に則して教科書的に判り易く論じようという主旨で執筆しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 労使関係総論(1980年代の労使関係-労使関係の第三段階論序説
  • 労使関係の法的枠組み)
  • 労使関係の国際比較(現代の熟練-国際比較のための覚え書
  • 経営の国際化と労使関係-日系進出企業とアメリカの労働組合)
  • 労使関係各論(日本の賃金・人事制度の現地点
  • 労働時間短縮の課題-労働基準法研究会中間報告によせて
  • 中小企業の雇用問題
  • 障害者の雇用問題
  • 労働福祉の諸問題)
  • 座談会 「労使関係論の現状と展望」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の労使関係
著作者等 中条 毅
書名ヨミ ニホン ノ ロウシ カンケイ
書名別名 Nihon no roshi kankei
出版元 中央経済社
刊行年月 1986.4
ページ数 199p
大きさ 22cm
ISBN 4481780355
NCID BN00605925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86034752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想