中国辺境歴史の旅  1

陳舜臣 編集・解説

戦乱西域の生の記録。中国と日本の間に9.18事変(満州事変)が勃発したころ、中国西部の新疆省も戦乱の中にあった。近代史に忘れられた感のある中国辺境も、世界の流れの影響を受け、大きく動いていた。本書は、その戦乱の渦中にあった著者が語る近代中国の生きた証言である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 長風に乗る
  • 第2章 『開化の町』に到る
  • 第3章 楊増新の悲劇
  • 第4章 風力募る
  • 第5章 嵐の中心-哈密
  • 第6章 迪化包囲さる
  • 第7章 救済事業
  • 第8章 第1次クーデター
  • 第9章 善後事業
  • 第10章 古城和平奔走記
  • 第11章「大馬」を見る
  • 第12章 使命実を結ぶ
  • 第13章 迪化の陰謀
  • 第14章 第2次クーデター
  • 第15章 羅文幹博士を迎う
  • 第16章 馬仲英の逃亡
  • 第17章 南新疆の反乱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国辺境歴史の旅
著作者等 Wu, Ai-chʿen
楊井 克巳
陳 舜臣
呉 藹宸
書名ヨミ チュウゴク ヘンキョウ レキシ ノ タビ
書名別名 新疆紀遊

Chugoku henkyo rekishi no tabi
巻冊次 1
出版元 白水社
刊行年月 1986.6
ページ数 282p
大きさ 20cm
ISBN 4560031169
NCID BN0060341X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86042615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
新疆紀遊 呉藹宸, 楊井克巳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想