物質移動論

D.B.スポールディング 著 ; 藤縄勝彦 訳

[目次]

  • 目次
  • 第1編 物質移動とは
  • 1.1章 物質移動の具体例 / p1
  • 1.2章 物質移動論の概要 / p15
  • 第1編の文献 / p21
  • 第2編 物質移動概論
  • 2.1章 序論 / p23
  • 2.11節 本編の目的 / p23
  • 2.12節 定義
  • 2.13節 界面付近でおきている諸現象 / p34
  • 2.14節 本編でこれからのべることの概要 / p38
  • 2.2章 Reynolds流 / p41
  • 2.21節 モデル流の説明 / p41
  • 2.22節 Reynolds fluxと測定可能な量との関係 / p44
  • 2.23節 摩擦と熱移動とのReynoldsアナロジー(類似性) / p48
  • 2.24節 Reynolds flux gをもとめるための伝熱の理論式および実験式 / p49
  • 2.3章 物質移動の推進力 / p59
  • 2.31節 序論 / p59
  • 2.32節 推進力B / p60
  • 2.33節 化学的不活性物質に対する濃度推進力 / p63
  • 2.34節 単純均一化学反応に対する濃度推進力 / p76
  • 2.35節 一般の化学反応に対する濃度推進力 / p83
  • 2.36節 物質移動推進力の一般式 / p90
  • 2.37節 熱力学第一法則から求まる推進力 / p98
  • 2.38節 物質移動推進力についての重要な式の総括 / p129
  • 2.4章 物質移動および熱移動速度の計算方法 / p131
  • 2.41節 最も簡単なやり方 / p131
  • 2.42節 第1の仮定の吟味 / p134
  • 2.43節 第2の仮定についての吟味 / p152
  • 2.44節 推賞する物質移動計算法 / p165
  • 2.45節 推賞する熱移動計算法 / p174
  • 2.5章 計算の簡単な適用例 / p179
  • 2.51節 序論 / p179
  • 2.52節 直行法の問題 / p180
  • 2.53節 2相を考慮しなければならない場合の簡単な問題 / p216
  • 2.54節 S‐とL‐状態が平衡でないようなときの問題 / p248
  • 2.55節 正味の質量移動がないときの隣接相の熱移動計算 / p261
  • 2.6章 熱と物質との同時移動 / p283
  • 2.61節 序論 / p283
  • 2.62節 解析的方法 / p290
  • 2.63節 図式解法 / p314
  • 2.64節 [数式]の場合の図式解法の簡単な応用例 / p330
  • 2.65節 L‐面の熱fluxの計算の特殊方法 / p341
  • 2.7章 装置内の物質移動 / p350
  • 2.71節 序論 / p350
  • 2.72節 数学的理論と簡単な解 / p352
  • 2.73節 熱と物質の同時移動 / p379
  • 2.74節 [数式]の場合の,熱と物質の同時移動問題に対する図式解法 / p397
  • 2.75節 冷水塔設計の簡易法 / p408
  • 第2編の記号 / p431
  • 表A‐1 / p439
  • 表A‐2 / p443
  • 表A‐3 / p447
  • 第2編の文献 / p450
  • 索引 / p457
  • 図A‐1 / 折りこみ
  • 図A‐2 / 折りこみ
  • 図A‐3 / 折りこみ
  • 図A‐4 / 折りこみ

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物質移動論
著作者等 Spalding, D. B.
Spalding, Dudley Brian
藤縄 勝彦
D.B.スポールディング
書名ヨミ ブッシツ イドウロン
出版元 産業図書
刊行年月 1967
ページ数 467p 図版 表
大きさ 22cm
NCID BN00603293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67009333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想