経済学の方法

メンガー [著] ; 福井孝治, 吉田曻三 訳

本書は、論争の書であった。理論を軽視し、歴史的仔細研究に専念するシュモラー指導下のドイツ歴史学派に対してその方法論的誤謬を指摘し、ドイツの経済学を世界の学界からの孤立状態から救おうとするメンガーの使命感から書かれ、「方法論争」の発端となった問題の書であった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 国民経済についての理論的科学としての経済学およびそれと国民経済についての歴史的科学・実践的科学との関係について
  • 第2編 政治経済学での研究の歴史的観点について
  • 第3編 社会現象の有機的理解
  • 第4編 政治経済学を歴史的にとりあつかうという観念の発展について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の方法
著作者等 Menger, Carl
吉田 昇三
福井 孝治
吉田 〓三
メンガー カール
書名ヨミ ケイザイガク ノ ホウホウ
シリーズ名 近代経済学古典選集 5
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1986.11
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 4818801232
NCID BN00598262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87009779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想