ミルクロード : ミルク・乳製品

松尾幹之 著

西の乳・東の大豆。古来からタンパクの王者である。20世紀まで、家畜の去勢を知らなかった日本ではあるが、古代には牛乳・乳製品を消費していた。蘇我氏の蘇は乳製品を意味する酥に通じるとも考えられ、今も残る醍醐の名は、牛乳五味の最高の味をいう。武家政治600年の後、明治の文明開化・近代化とともに、牛乳・乳製品もようやく本格化し、爾来1世紀余り、ミルクホール、粉ミルク、学校給食牛乳、LL牛乳、そしてヨーグルト革命と、生活のなかに定着してきた。今日、牛乳・乳製品は、消費の伸び悩み、過剰生産等の問題をかかえているが、明日の健康を考えるとき、欠かせない食品のひとつである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代天皇家にまつわる乳製品、蘇・醍醐
  • 第2章 キリスト教精神がリードした牛乳産業移植
  • 第3章 有畜農業運動時代の近代化(昭和元〜12年)
  • 第4章 事変・大戦下におけるカゼイン大増産と敗戦(昭和13〜20年)
  • 第5章 戦後復興と酪農ブーム(昭和21〜32年)
  • 第6章 高度経済成長と酪農・乳業の大規模化(昭和33〜49年)
  • 第7章 安定成長期と生産調整(昭和50〜60年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミルクロード : ミルク・乳製品
著作者等 松尾 幹之
書名ヨミ ミルク ロード
シリーズ名 <食>の昭和史 6
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1986.11
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4818801208
NCID BN00593010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87011297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想