戦後日本の争議と人間 : 千葉大学教養部の教育実践記録

河西宏祐 編

最近、各地の大学で、各界の専門家(経営者、法律家、官僚、技術者など)を講師として招いて講義をうけるという試みがおこなわれはじめている。いずれのばあいも、それぞれの立場なりに「開かれた大学」への道を模索し、大学教育の停滞を打破しようとする試みであろう。このような発想にもとづいて、1983年度に、千葉大学教養部においても一つの教育実践をおこなってみた。戦後の主要な労働争議を指導した当事者の人たちをゲストとして招き、その体験談をききながら、戦後日本の社会と労資(使)関係を描き出すという試みである。本書は、その経験をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 戦後労働争議史
  • 第2講 読売争議(1945・46年)
  • 第3講 東宝争議(1948年)
  • 第4講 東芝争議(1949年)
  • 第5講 2.1ストと定員法反対争議(1947・49年)
  • 第6講 近江絹糸争議(1954年)
  • 第7講 三井三池争議(1960年)
  • 第8講 海員争議(1972年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の争議と人間 : 千葉大学教養部の教育実践記録
著作者等 河西 宏祐
書名ヨミ センゴ ニホン ノ ソウギ ト ニンゲン
出版元 日本評論社
刊行年月 1986.11
ページ数 471p
大きさ 20cm
ISBN 4535576254
NCID BN0059300X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87007401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想