村落構造と親族組織

喜多野清一博士古稀記念論文集編集委員会 編

この本の情報

書名 村落構造と親族組織
著作者等 中村 正夫
中野 卓
住谷 一彦
余田 博通
内藤 莞爾
喜多野 清一
喜多野清一博士古稀記念論文集編集委員会
執行 嵐
大山 彦一
小山 隆
小川 徹
山岡 栄市
山本 陽三
岡田 謙
崔 在錫
有賀 喜左衛門
森岡 清美
武田 良三
甲田 和衛
秀村 選三
米村 昭二
菅野 正
蔵内 数太
鈴木 栄太郎
書名ヨミ ソンラク コウゾウ ト シンゾク ソシキ
出版元 未来社
刊行年月 1973
ページ数 694p 肖像
大きさ 22cm
NCID BN00591081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
71009978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「薩摩藩郷士守屋家」研究の課題 秀村 選三
わが国農村社会学の回顧と展望 鈴木栄太郎
僻地山村における同族と親族 : 岡山県御津郡加茂川町小森の場合 米村 昭二
六所宮祭祀組織の変動 : 府中八幡宮の「旧神宮」 中野 卓
分割地農地の社会的性格 : 村落の社会構造および変動の研究方法に関する覚え書 余田 博通
前集団・現集団・後集団 : 時間と集団 蔵内 数太
北部沖縄におけるヒキの観念 : 『こひり引請目帳』の研究 小川 徹
同族と家 : その通文化的比較の問題 岡田 謙
家と奉公人 有賀 喜左衛門
家と核家族的世帯 小山 隆
対馬村落における本戸制の展開 : 峰村志多賀部落について 中村 正夫
山村のイトコ婚 : 岐阜県徳山村門入 甲田 和衛
既成仏教系一小教団独立の心意と理論 : 真宗浄興寺派の成立過程 森岡 清美
村落構造の類型分析 : 研究史の動向によせて 住谷 一彦
沖縄の祭祀と家族制 : 久高島の六月祭の場合 大山 彦一
石見山間部の同族団と村落構造 山岡 栄市
社会変動としての近代化について : 北海道開拓農村共同体のばあい
筑前旧村箚記 内藤 莞爾
経済更生運動と村落支配 菅野 正
農山村開発と村落構造 山本 陽三
都市アパート家族の親戚関係 執行 嵐
韓日中東洋三国の同族比較試論 崔 在錫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想