交通の計画と経営 : 市場構造の変化への対応

武田文夫 著

交通という機能は、経済・社会の発展や国土の形成の原因でもあり、結果でもある。経済・社会の進展とともに交通需要は構造的変化をとげつつあり,交通の産業組織もまた大きく変わりつつある。交通の計画や経営は、それを踏まえてなされなければならない。本書では、経済理論と経営理論の助けをかり、現実の動きの中から変化の動向をさぐりつつ、これからの交通の計画と経営の在り方を体系的に論じた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 交通と社会
  • 交通需要の特質と実態
  • 需要予測の主要問題
  • 規制緩和の実験の成果
  • 交通市場の分析
  • アメリカの道路財政の変遷-日本の道路政策への示唆
  • 日仏伊の有料道路経営比較
  • 国鉄民営・分割の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交通の計画と経営 : 市場構造の変化への対応
著作者等 武田 文夫
書名ヨミ コウツウ ノ ケイカク ト ケイエイ
書名別名 Kotsu no keikaku to keiei
シリーズ名 日通総研選書
出版元 日通総合研究所
刊行年月 1986.7
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 4561730222
NCID BN00582499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87038196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想