地震と建築

大崎順彦 著

家やマンション、ビルや超高層建築は、地震のとき、どうなるのだろうか。地震工学の第一人者である著者は、地震のメカニズムとその性質を明らかにした上で、それが人間の利用する建築物にどんな被害をもたらすのか、また地盤によってこうむる被害がどう変るのかを具体的に考える。さらに建物を震害から守るための考え方と手法も紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「東京大地震」
  • 2 地震の歴史
  • 3 マグニチュードを考える
  • 4 地震動の強さ
  • 5 地震動の性質
  • 6 地震動の破壊力
  • 7 地盤と震害
  • 8 震害を防ぐ-耐震設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地震と建築
著作者等 大崎 順彦
書名ヨミ ジシン ト ケンチク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1983.8
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 400420240X
NCID BN00580132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84003957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想