脳の中の過程 : 解剖の眼

養老孟司 著

神経、解剖、時間、博物、論理、発生を論じて、おのずから脳内過程に説き及ぶ思考のカプリチオ、または科学の解築。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脳の法則性と「真実」
  • ヒトの精神活動の博物学
  • 脳の中の過程
  • 文字はどこにあるか
  • 誰が解剖を始めたか
  • 誤解の解剖学
  • ゲーテ『ファウスト』の今日の意味
  • モンテーニュと横井庄一の「孤独」
  • ユニコーンの角
  • 動物伝説
  • 図書館を書庫と割り切って
  • 哲学と理解〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の中の過程 : 解剖の眼
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ ノウ ノ ナカ ノ カテイ
書名別名 No no naka no katei
出版元 哲学書房
刊行年月 1986.12
ページ数 317p
大きさ 20cm
ISBN 4886790062
NCID BA67617372
BN00578720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想