工芸の社会史 : 機能と意味をさぐる

吉田光邦 著

工芸に与えられた形と意匠が意味するものを、それを作り、使い、愛でてきた人びとの生きた時代と社会の文脈のなかで含味し,解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代人と文様
  • 2 黄金の美と日本文化
  • 3 忘れられた塗りの伝統
  • 4 桃山文化の二元性
  • 5 文人とその美意識
  • 6 江戸の舶来品ごのみ
  • 7 からくりの彼我
  • 8 鏡のなかの世界
  • 9 カルタとタロット
  • 10 海を渡った日本工芸
  • 11 錬金術と錬丹術
  • 12 中国の陶磁とヨーロッパ
  • 13 ヨーロッパ陶磁管見
  • 14 錫工芸の光芒をたどって
  • 15 時計の意味の変容
  • 16 工芸としての風見
  • 17 家具と生活文化
  • 18 アール・ヌーボーの現代性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 工芸の社会史 : 機能と意味をさぐる
著作者等 吉田 光邦
書名ヨミ コウゲイ ノ シャカイシ
書名別名 Kogei no shakaishi
シリーズ名 NHKブックス 519
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1987.1
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 4140015195
NCID BN00578684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87021446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想