Modula-2文法入門 : モジュールからコルーチンまでの詳細

中村和郎 著

データ構造の考え方をPascalから、モジュールの考え方をModulaから、それぞれうけつぎ、さらに「並行処理」を実現するため「コルーチン」という概念を採り入れたのがModula‐2です。本書は、Modula‐2の基本的なことがらから、モジュール、コルーチン、低レベル機能までを、プログラム例付きで解説した、やさしい入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 Modula‐2とは
  • 2 Modula‐2のプログラム例
  • 3 プログラム記述で基本となるもの
  • 4 基本的なデータ
  • 5 入出力はどのように
  • 6 文と式
  • 7 宣言部
  • 8 構造化データ
  • 9 手続き宣言部
  • 10 モジュール
  • 11 ポインタ型と手続き型

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Modula-2文法入門 : モジュールからコルーチンまでの詳細
著作者等 中村 和郎
書名ヨミ モジュラ ツー ブンポウ ニュウモン
書名別名 Mojura tsu bunpo nyumon
シリーズ名 Fine soft series
出版元 CQ
刊行年月 1986.8
ページ数 166p
大きさ 21cm
ISBN 4789833011
NCID BN00578323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86050648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想