不均衡動学の理論

岩井克人 著

アダム・スミス時代から、経済学は「見えざる手」という神話を語り続けてきた。じっさい、経済学の歴史のなかで、だれもまともに「見えざる手」を見ようとはしなかった。もし価格が市場において現実に動いているのならば、それはいったいだれの手によって動かされているのだろうか?本書はこの「見えざる手」を見ようという試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「見えざる手」から不均衡動学へ
  • 第1部 ヴィクセル的不均衡動学(独占的競争企業の動学理論
  • 予想の形成過程
  • 不均衡累積過程の理論)
  • 第2部 短期のケインズ的不均衡動学(ケインズの有効需要原理
  • ケインズ的不況理論とヴイクセル的恐慌理論-統合化の試み)
  • 第3部 長期のケインズ的不均衡動学(ケインズ的賃金調整モデル
  • 長期フィリップス曲線の「蚊柱」理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不均衡動学の理論
著作者等 岩井 克人
書名ヨミ フキンコウ ドウガク ノ リロン
シリーズ名 モダン・エコノミックス 20
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.1
ページ数 305p
大きさ 21cm
ISBN 4000043404
NCID BN00565117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87017304
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想