日本の薬学

辰野高司 著

[目次]

  • 目次
  • 序文 宮木高明
  • 序章 薬とは何か / p9
  • 第一部 薬の歴史と薬学教育
  • 第一章 薬の歴史
  • 1 古代の人びとと薬 / p15
  • 2 中世の人びとと薬 / p20
  • 3 近代化学と薬 / p24
  • 第二章 日本における近代薬学
  • 1 明治時代の薬学 / p31
  • 2 近代薬学の確立 / p37
  • 3 大正における薬学 / p48
  • 4 大正から昭和へ / p52
  • 5 第二次大戦と薬学 / p57
  • 6 戦後の発展 / p60
  • 第三章 薬学教育の諸問題
  • 1 カリキュラムの問題 / p73
  • 2 女子学生の問題 / p86
  • 3 フランスの薬学教育 / p89
  • 第二部 薬と人間
  • 第四章 ドラッグ・デザインの試み
  • 1 ビタミンとホルモン / p97
  • 2 鎮痛薬と局所麻酔剤 / p108
  • 3 スルファミンと抗生物質 / p123
  • 4 睡眠薬について / p139
  • 5 クロールプロマジンと精神安定剤 / p150
  • 第五章 ふたたび薬学研究と教育について / p157
  • 第三部 この書の理解のために
  • 第六章 この書の理解のために
  • 1 薬の生理性・商品性 / p165
  • 2 カリキュラムと女子学生の問題 / p176
  • 3 薬学者・薬剤師の責任 / p188
  • 結語 / p192
  • あとがき / p195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の薬学
著作者等 辰野 高司
書名ヨミ ニホン ノ ヤクガク
書名別名 Nihon no yakugaku
シリーズ名 紀伊国屋新書
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1966
ページ数 196p
大きさ 18cm
NCID BN0056433X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66001399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想