東西比較作家論

佐々木基一 著

[目次]

  • 夏目漱石と横光利一、石川淳
  • 三つの志賀直哉論-広津和郎、小林秀雄、井上良雄
  • ホフマンスタールの「チャンドス卿の手紙」と堀辰雄の小説
  • 不条理な死をみつめる-大岡昇平『俘虜記』とカミュ『異邦人』
  • フランツ・カフカ『審判』と安部公房『壁』
  • 小林多喜二と野間宏
  • ソルジェニーツィンと中野重治
  • ソルジュニーツィンの闘い
  • 夢と現実のはざま-島尾敏雄
  • カポーテ、永山則夫、佐木隆三-犯罪者をモチーフに
  • 現代と女流文学
  • 現代文学の行方-芸術の大衆化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東西比較作家論
著作者等 佐々木 基一
書名ヨミ トウザイ ヒカク サッカロン
出版元 オリジン出版センター
刊行年月 1986.6
ページ数 222p
大きさ 20cm
NCID BN00560011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86048147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想