幻想の東洋 : オリエンタリズムの系譜

弥永信美 著

ヨーロッパ世界にとって「東洋」は奇態な怪物の跋扈する辺境であり、また、真理の秘蹟の隠される楽園でもあった-2000年に渡る神話・伝承・芸術作品を渉猟して描き出すヨーロッパの「疎外の精神史」。

「BOOKデータベース」より

ヨーロッパ世界にとって、<東洋>は奇態な怪物の跋扈する辺境であり、また、真理の秘蹟の隠される楽園でもあった。2000年に渡る神話・伝承・芸術作品を渉猟して描き出すヨーロッパの<疎外の精神史>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 旅への誘い
  • 最古の民・最果ての怪異
  • 遍歴する賢者たち
  • 秘教の解釈学
  • 隠喩としての歴史
  • 世の終りと帝国の興り
  • 東の黎明・西の夕映え
  • 終末のエルサレム
  • 楽園の地理・インドの地理
  • 秘境のキリスト教インド帝国〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 旅への誘い
  • 1 最古の民・最果ての怪異
  • 2 遍歴する賢者たち
  • 3 秘教の解釈学
  • 4 隠喩としての歴史
  • 5 世の終りと帝国の興り
  • 6 東の黎明・西の夕映え
  • 7 終末のエルサレム
  • 8 楽園の地理・インドの地理
  • 9 秘教のキリスト教インド帝国
  • 10そして大海へ…
  • 11 新世界の楽園
  • 12 反(アンチ)キリストの星
  • 13 追放の夜・法悦の夜
  • 14 東洋の使徒と「理性的日本」の発見
  • 15 天使教皇の夢
  • 16 アレゴリーとしての「ジアパン島」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻想の東洋 : オリエンタリズムの系譜
著作者等 弥永 信美
書名ヨミ ゲンソウ ノ トウヨウ
出版元 青土社
刊行年月 1987.1
版表示 新装版
ページ数 569p
大きさ 20cm
ISBN 4791754352
NCID BN00557006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87031841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想