北方植物園  続

朝日新聞社編

[目次]

  • フクジュソウ(北国に春を告げる) / p7
  • フキノトウ(早春のかおり) / p12
  • ミズバショウ(水辺に純白の群落) / p15
  • エゾエンゴサク(むらがり咲く色とりどりの花) / p19
  • ニリンソウ(代表的な春の山菜) / p22
  • チューリップ(鮮明な花) / p25
  • スイセン(つくりやすい花) / p29
  • ヒヤシンス(うつむく釣がね形の花) / p32
  • スミレ(小さく、ひっそりと咲く) / p35
  • エンレイソウ(花が咲くまで十五年) / p39
  • タンポポ(ふえ広がる根づよい花) / p42
  • スズラン(香り高く清らか) / p47
  • サクラソウ(春、陽光に開く) / p52
  • ギョウジャニンニク(牛が食べたら一大事) / p56
  • クロユリ(色・においは名前負け) / p59
  • シラネアオイ(山野の草の王) / p64
  • テンナンショウ(茎はヘビそっくり) / p68
  • ヒオウギアヤメ(いのち短い一日花) / p71
  • エゾキスゲ(夜咲く黄色の花) / p75
  • エゾスカシユリ(見あきぬ豊かな色彩) / p78
  • ジャガイモ(夜会服飾った星形の花) / p82
  • エンドウ(チョウに似た花) / p87
  • クローバ(栄養たっぷりの牧草) / p90
  • 水草(新鮮な感じで涼感誘う) / p94
  • 高山植物(かれんだが強じん) / p103
  • トリカブト(猛毒も使い方では強壮剤) / p113
  • エゾミソハギ(仏前を飾るお盆の花) / p118
  • ヤナギラン(紅紫色の美しい花) / p121
  • ダリア(色鮮やかな大輪) / p124
  • ヒマワリ(ギリシャ神話の水の精) / p128
  • サルビア(初夏から秋を色どる) / p131
  • エゾリンドウ(秋の終りを飾る) / p134
  • アキノキリンソウ(アワだつようにもりあがる) / p138
  • ヤマハハコ(カサカサの花弁) / p141
  • アッケシソウ(湿地に紅の群落) / p145
  • キク(日本の秋をいろどる) / p149
  • 書きのこした花 / p154
  • 座談会(話題も豊富、北海道の草花) / p165
  • あとがき / p179

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北方植物園
著作者等 朝日新聞社
朝日新聞社出版局図書編集室
書名ヨミ ホッポウ ショクブツエン
巻冊次
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1969
ページ数 178p 図版
大きさ 18cm
NCID BN00554937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69021828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想