ミステリーの仕掛け

大岡昇平 編

ミステリーとは読ませる仕掛け、ミステリーを定義するのは読み方である。眼光紙背の達人が魅力の理由とそのセオリイを披瀝する、異色ミステリー論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 犯人当て奨励(大井廣介)
  • 平野探偵の手記(平野謙)
  • ぼくと探偵小説(遠藤周作)
  • 『新青年』の香気(中田耕治)
  • 私の探偵学入門-一マニアとその時代(紀田順一郎)
  • ぼくとミステリー(眉村卓)
  • ミステリーと私-探偵映画のこと(埴谷雄高)
  • 推理小説ノート(大岡昇平)
  • 市民社会と探偵小説(荒正人)
  • 行動の理由(山川方夫)
  • それでも地球は動く?(小池滋)
  • 現代の神話、推理小説-読者が参加する世界創造(栗田勇)
  • 探偵小説の心理学(波多野完治)
  • ありそうでいながら実際にはない本(白上謙一)
  • 歴史家と探偵小説(岡田章雄)
  • 事件の典型としての把握-ミス・マーブルに学ぶもの(三浦つとむ)
  • ミステリーと時刻表(西村京太郎
  • 宮脇俊三(対談))
  • 推理小説とミステリー映画の間-その壁をはずそう(渡辺剣次)
  • ネロ・ウルフと料理(日影丈吉)
  • トリックにひかれて(松田道弘)
  • 泣くがいやさに笑い候(開高健)
  • スパイ小説集のための序(丸谷才一)
  • スパイ小説作法-グリーンVS.ル・カレ=キム・フィルビー事件をめぐる事実と虚構(中薗英助)
  • バラ色の漿果-スパイ小説について(中井英夫)
  • ハード・ボイルド-現在の眼(安部公房
  • 村松剛
  • 花田清輝
  • 佐伯彰一(座談会))
  • ハードボイルド、売切れました(田中小実昌)
  • 小さなハードボイルド論-三浦浩と、その作品について(小松左京)
  • ハードボイルド試論、序の序-帝国主義下の小説形式について(豊浦志朗(船戸与一))
  • 推理小説について(坂口安吾)
  • 紳士ワトソン(椎名麟三)
  • エリオット・ポオルの探偵小説(吉田健一)
  • クリスチアナ・ブランド論-オットセイか猫か?(関根弘)
  • フィリップ・マーロウにおける過剰の蕩尽(栗本慎一郎)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミステリーの仕掛け
著作者等 大岡 昇平
書名ヨミ ミステリー ノ シカケ
書名別名 Misuteri no shikake
出版元 社会思想社
刊行年月 1986.3
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 439060287X
NCID BN00545357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86028732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想