文化大革命と現代中国

安藤正士 ほか著

1966年、中国を激動させ世界を驚かせた文化大革命が始まった。それは中国社会主義革命の新たな発展段階であるとされたが、81年中共中央の「歴史決議」で大災難であったと全否定された。本書は文革を一つの時代としてとらえ、その過程で何が目指されいかなる結果を招いたかを最新の資料に基づいて客観的に叙述し、文革の意味を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文化大革命の原点
  • 2 嵐の前夜
  • 3 文革の全面展開と上海「一月革命」
  • 4 軍の台頭と九全大会
  • 5 林彪事件から四人組追放へ
  • 6 文革終了・継承から否定へ
  • 7 文化大革命とは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化大革命と現代中国
著作者等 太田 勝洪
安藤 正士
辻 康吾
書名ヨミ ブンカ ダイカクメイ ト ゲンダイ チュウゴク
書名別名 Bunka daikakumei to gendai chugoku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.3
ページ数 208, 20p
大きさ 18cm
ISBN 4004203465
NCID BN00544263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96012535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想