現代経済学  2

置塩信雄 著

前著『現代経済学』(1978年日経経済図書文化賞受賞)以後10年間の理論研究の成果。経済学の方法、利潤率とは何か、景気循環、諸学説の検討の4つの問題につき論じ、展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 方法(経済学における「次元」の問題
  • 経済分析における連続・離散的時間)
  • 第2章 利潤率の概念(利潤率と資本維持
  • 利潤率と資本増殖率)
  • 第3章 景気循環(上方転換の一契機
  • スタグフレーションの発生メカニズム)
  • 第4章 ケインズ理論(ケインズ『一般理論』第10章への註解
  • 実質賃金率の決定
  • 新投資決定のパラドックス)
  • 第5章 ハロッド理論(ハロッドの動学再考
  • 保証成長率の概念)
  • 第6章 マネタリズムの理論(マネタリズムの理論構造
  • マネタリストのブラックボツクス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代経済学
著作者等 置塩 信雄
書名ヨミ ゲンダイ ケイザイガク
巻冊次 2
出版元 筑摩書房
刊行年月 1988.3
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 4480854061
NCID BN00538748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88031882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想