世界の名著  54

林健太郎責任編集

[目次]

  • 目次
  • マイネッケの生涯と思想 林健太郎 / p5
  • マイネッケの狭さと広さ / p7
  • 生い立ちと学問の形成 / p11
  • 『世界市民主義と国民国家』 / p20
  • 第一次世界大戦とマイネッケ / p25
  • 『近代史における国家理性の理念』 / p32
  • ナチズムとの対決 / p40
  • 近代史における国家理性の理念 / p47
  • 序論 国家理性の本質 / p49
  • 第一篇 生成しつつある絶対主義の時代 / p75
  • 第一章 マキアヴェリ / p75
  • 第五章 イタリアおよびドイツにおける国家理性論の流布 / p106
  • 第六章 リシュリューのフランスにおける国家利害論 / p143
  • 一 発端と一六二四年の『論考』 / p143
  • 二 アンリ・ド・ロアン公 / p165
  • 第二篇 成熟した絶対主義の時代 / p206
  • 第二章 ブーフェンドルフ / p206
  • 第五章 フリードリヒ大王 / p230
  • 第三篇 近代ドイツにおけるマキアヴェリズム、理想主義および歴史主義 / p315
  • 第一章 ヘーゲル / p315
  • 第三章 ランケ / p348
  • 第四章 トライチュケ / p368
  • 第五章 回顧と現代 / p391
  • ドイツの悲劇 / p423
  • はしがき / p425
  • I 時代の二つの大波 / p427
  • II ドイツ帝国建設前後のドイツの人間性 / p435
  • III 第一次世界大戦におけるドイツの人間性 / p454
  • IV 戦後の最初の諸経験 / p460
  • V 理性人と工作人 / p465
  • VI 軍国主義とヒトラー主義 / p470
  • VII 大衆マキアヴェリズム / p482
  • VIII 偶然と一般的なもの / p489
  • IX ヒトラー主義の積極的な内容について / p504
  • X ヒトラー主義とボルシェヴィズム / p512
  • XI ヒトラー主義とキリスト教 / p517
  • XII ヒトラー主義と西ヨーロッパ諸強国 / p523
  • XIII ヒトラー主義には将来があるか / p529
  • XIV 一九四四年七月二十日の前史から / p534
  • XV 復興への道 / p541
  • 年譜 / p563
  • 索引 / p574
  • 口絵 フリードリヒ・マイネッケ研究所

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界の名著
著作者等 Meinecke, Friedrich
岸田 達也
林 健太郎
矢田 俊隆
書名ヨミ セカイ ノ メイチョ
書名別名 マイネッケ
巻冊次 54
出版元 中央公論社
刊行年月 1969
ページ数 574p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4124001347
NCID BN00536516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74005226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マイネッケ 林健太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想