近代民主主義とその展望

福田歓一 著

民主主義という言葉はかつての輝きを失なってしまった感が強い。しかしそれは、体制の違いを問わず最高の価値を付与されていることに変わりはない。本書は、近代民主主義の歴史を克明に辿りつつ、その理想と現実との対抗関係を明確にし、さらに現代政治を構成する原理としての民主主義を浮き彫りにして、新たな展望を拓く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代史のなかの民主主義(期待と幻滅
  • ワイマールの悲劇 ほか)
  • 第1章 民主主義の歴史(前史としての古典古代
  • 革命の炎 ほか)
  • 第2章 民主主義の理論(民主主義の価値原理
  • 民主主義の機構原理 ほか)
  • 第3章 現代の民主主義(民主化と大衆化
  • 管理者国家と民主主義 ほか)
  • 終章 民主主義の展望のために(歴史的展望への要求
  • 国家の問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代民主主義とその展望
著作者等 福田 歓一
書名ヨミ キンダイ ミンシュシュギ ト ソノ テンボウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1977.6
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 4004200016
NCID BN00532592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77013975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想