世界の名著  第38

関嘉彦責任編集

[目次]

  • 目次
  • ベンサムとミルの社会思想 関嘉彦 / p5
  • ベンサム、ミルと現代 / p7
  • ベンサムの生涯 / p11
  • ベンサムの思想体系 / p23
  • ミルの生涯 / p36
  • ミルの思想体系 / p49
  • ベンサム、ミルと日本 / p61
  • ベンサム 道徳および立法の諸原理序説 / p69
  • 序言 / p71
  • 第一章 功利性の原理について / p81
  • 第二章 功利性の原理に反する諸原理について / p88
  • 第三章 苦痛と快楽との四つの制裁または源泉について / p108
  • 第四章 さまざまな快楽と苦痛の価値、その計算方法 / p113
  • 第五章 快楽と苦痛、その種類 / p116
  • 第六章 感受性に影響を与える諸事情について / p124
  • 第七章 人間の行為一般について / p148
  • 第八章 意図について / p158
  • 第九章 意識について / p165
  • 第十章 動機について / p172
  • 第十一章 人間の気質一般について / p205
  • 第十二章 悪行為の諸結果について / p205
  • 第十三章 刑罰に相当しない場合 / p206
  • 第十四章 刑罰と犯罪との均衡について / p207
  • 第十五章 刑罰に与えられなければならない諸性質について / p208
  • 第十六章 犯罪の分類 / p208
  • 第十七章 法学の刑法部門の限界について / p209
  • J・S・ミル 自由論 / p211
  • 第一章 序論 / p215
  • 第二章 思想と討論の自由 / p231
  • 第三章 幸福の一要素としての個性について / p278
  • 第四章 個人に対する社会の権威の限界について / p301
  • 第五章 応用 / p323
  • J・S・ミル 代議政治論 / p349
  • 序言 / p351
  • 第一章 統治形態はどのような程度まで選択事項であるか / p352
  • 第二章 よい統治形態の基準 / p365
  • 第三章 理念として最善の統治形態は代議政治である / p386
  • 第四章 代議政治はどのような社会状態のもとにおいて適用しえないか / p405
  • 第五章 議会の適切な機能について / p419
  • 第六章 代議政治が陥りやすい欠陥と危険について / p435
  • 第七章 真の民主政治と偽りの民主政治。全体の代表と多数派だけの代表 / p453
  • 第八章 選挙権の拡大について / p453
  • 第九章 二段階の感挙の可否 / p454
  • 第十章 投票様式について / p454
  • 第十一章 議員の任期について / p455
  • 第十二章 議員から誓約を要求すべきか / p455
  • 第十三章 第二院について / p455
  • 第十四章 代議政治における執行部門について / p456
  • 第十五章 地方議会について / p456
  • 第十六章 代議政治と諸民族の関係 / p457
  • 第十七章 連邦制代議政治 / p457
  • 第十八章 自由国家による属領の統治について / p457
  • J・S・ミル 功利主義論 / p459
  • 第一章 総説 / p461
  • 第二章 功利主義とは何か / p465
  • 第三章 功利の原理の究極的強制力について / p487
  • 第四章 功利の原理はどう証明すればよいか / p496
  • 第五章 正義と功利の関係について / p503
  • 年譜 / p529
  • 索引 / p542
  • 口絵 イギリス国会議事堂

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界の名著
著作者等 Bentham, Jeremy
Mill, John Stuart
伊原 吉之助
山下 重一
早坂 忠
関 嘉彦
書名ヨミ セカイ ノ メイチョ
書名別名 ベンサム,J.S.ミル
巻冊次 第38
出版元 中央公論社
刊行年月 1967
ページ数 542p 図版
大きさ 18cm
NCID BN00531986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52012958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ベンサム,J.S.ミル 関嘉彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想